就職活動面接のポイントTop >  服装と身だしなみ >  就職活動で好印象を与えるブラウスの選び方

就職活動で好印象を与えるブラウスの選び方

ブラウスにも色々な種類があります。

どんなブラウスを就職活動をする際に、ふさわしいのか

面接官などに与える印象がよいのか、ブラウスを選ぶのに迷ったりしますよね。

就職活動で印象をよくみせられるブラウスの選び方について、

お話してみたいとおもいます。


ブラウスの種類、襟の形の違いがいろいろありますが、

スキッパーカラーまたは、レギュラーカラーを選ぶようにするとよいとおもいます。

いくらこれらの形態がよいといっても、スーツとの組み合わせを

考えるのも大切です。

襟元のVゾーンが広いスーツなのに、

ブラウスがレギュラータイプのものだと、胸元が少し地味な印象を与えます。

Vゾーンの狭い上着とレギュラーカラーを合わせるほうがいいです。

襟幅が大きすぎるスキッパーカラーだと、だらしのない印象を与えてしまう恐れがあります。

スキッパーカラーの場合、スーツの襟幅よりも外側に、

はみ出さないよう気をつけるようにしてください。


ブラウスの色についてですが、白色のようなシンプルなものがよいと思います。

なぜ色つきのブラウスを避けたほうがいいかと言いますと、

カラーシャツは、面接の時、見た目の印象と会話の内容が伴わなければ、

ただの見掛け倒しになるというケースもあるからです。

ですから、無難な白を身につけて面接に挑んだほうがよいと思います。

ブラウスを新しく購入するときには、必ず試着をして

袖長さと肩の部分が、きつくないか、逆にダブついていないかなどを

しっかりとチェックをして、少しでも良い印象を与えられるように努力してください。

ブラウスを試着することは、お店によっては難しい場合もありますが、

就職活動に着る旨を店員さんに伝え、試着させてもらうようにしましょう。

ちょどよい袖の長さですが、腕を下ろしたとき上着の袖から、

5ミリ程度でるくらいの長さが望ましいです。


これは余談になりますが、スーツを着るときスーツの袖から

ブラウスが出るのを嫌い、ブラウスを腕まくりして着る人がいますが、

永くその着かたを続けると、スーツの袖口が汗などで

コテコテになり、そのまま放っておくと濡れたハンカチくらいでは、

なかなかおちないようになりますので、気をつけておくといいと思います。

これも、身だしなみのひとつです。


レギュラーカラーを着るとき、第一ボタンを留めるようにしてください。

首周りも、ゆとりをもつために指が2本入るくらいがちょうどいいのではと思います。

形状安定型のブラウスであれば、クリーニング代も省けますのでおすすめです。

特に白色のブラウスは、袖の汚れや首まわりの汚れ、しわが目立ちやすいものです。

袖や襟首が黒ずんで汚れていると、それだけで不潔に見えてしまいます。

ですから、夏は言うまでもないですが、季節関係なく1年中出来る限り

毎日着替えられるように、最低でも4、5着は用意しておいた方がいいですよ。


新卒者の就職活動の知識と対策トップへ

服装と身だしなみ

就職活動で大切な服装や身だしなみについて紹介しています。

関連エントリー

就職活動用コートの選び方

好印象を与えるストッキング選び

リクルートスーツ着こなしのポイント

女性のリクルートスーツ

就活で好まれるスラックス選びのポイント

女性のパンツとスカート

就職活動用で好まれるワイシャツ

就職活動で好印象を与えるブラウスの選び方

就職活動で履く男性の靴選び

就職活動で失敗しない女性の靴選び

就職活動で気をつけたい靴下とストッキング

就職活動時の装飾品の注意点

就職活動時の防寒具と傘

就職活動にふさわしい男子の頭髪

就職活動にふさわしい女子の頭髪

ネクタイのオシャレな結び方の種類